http://piano-plage.info/

で、夜なんですけれども、野球のマニアックなTVあってね。これはついつい撮影をね。していたのですけれども、けれども、どうかな?というのもね。あったけれどもね。
それで菊池オス星やら、筒香などもでていたけれども、けれども、ヤクルト気違いとしては、今浪がでてきた定義ね。それは大きくてね。
なるほど、撮影をね。していてはなはだ良かったな?というところではいるのよね。
そういうわけでね。そういったのは、年間。否一層古臭いところから直撃というのをね。敢然とやるからこそ、このなんでしょうね。追い掛けてある感じをね。できるのでしょうしね。
という結果、菊池オス星とか筒香なんかは、昨年終わってから、そこから絶えずでしょうしね。次いで動画として感じるのは、ほんの何当たりかでそれが報われているのか、少しわからないですけれどもね。それでも、そういうものかな?ってね。思っているのよね。
も、こういうことこそ、やりがいあるのかな?
http://piano-plage.info/

高木晋哉(ジョイマン)ハイパーメディアクリエイター

そうなると、誰が次の監督にということになるのですが、個人的には、鹿島で3連覇したオリヴェイラとか良いとはおもうけれどもね。ないとは想うが、ネルシーニョとかもありかな?というね。ただ、今度のワールドカップはロシアというため、欧州系の監督の方が、風土として慣れているフィーリングはあるけれどもね。
では、日本のJリーグでの監督遭遇いらっしゃる側というのが良いかとはおもう。そうであるのは、邦人の姿をね。わかってもらえる方が良いかと。
とっても知らないところからやるのであるよりも、姿というのをね。わかるほうがオープンはしやすいでしょうし、プレーヤーの選考というのもしやすいであろうとね。思って羽織るのですよね。
で、どうするのか?っていうのは、もしも真新しい監督というのを連れてきたパターン、ロシアの結果にもよるのでしょうが、次の中東のワールドカップまで積み重ねるのか?ロシアで結末。新監督になるのか?ということになるのかでしょうね。